大人ニキビを早く治す方法~大人ニキビ化粧水のオススメは?

思春期ニキビと大人ニキビの違い

小学校高学年ぐらいから高校生ぐらいの年齢の人にできるニキビのことは思春期ニキビといいます。
これに対し、成人を迎えてからできるニキビのことは、大人ニキビやアダルトニキビといいます。
単純に呼称や発生する年齢だけでなく、両者にはさまざまな違いがあるのです。
まず、思春期ニキビと大人ニキビとでは、できてしまう原因が異なります。
思春期ニキビの場合の原因に関しては、主に成長期の過程にあることから皮脂分泌量が多くなり、毛穴の詰まりを招きやすくなります。
そうなるとニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなり、思春期ニキビができてしまうというわけです。
一方、大人ニキビの場合はどうかといいますと、既にホルモンバランスが整っていることから、過剰に皮脂が分泌されることはなく、前述したような原因でニキビはできません。
主に生活習慣の乱れ、誤ったスキンケア、肌に合わない化粧品の使用などにより起こる、肌のターンオーバーの狂いが原因となってできるのです。
大人ニキビの場合も毛穴の詰まりが原因で発生しますが、詰まりはターンオーバーが乱れることで停滞した古い角質が角質層全体を厚くし、毛穴を縮小させてしまうことにより起こります。
そのほか、思春期ニキビに関してはおでこ、鼻といった皮脂の分泌量が多いところにできやすいのが特徴ですが、大人ニキビの場合にはフェイスライン、あご、首筋あたりにかけてできるなど、皮脂の分泌とは無関係のところにできやすいのが特徴です。
こうした違いがあることから、大人ニキビに関しては思春期ニキビと異なる対策をしなければ、改善するのは難しいといえるでしょう。

↑ PAGE TOP